浅く 広く 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 内藤大助・圧勝 

<<   作成日時 : 2007/10/12 05:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は昨日も書きましたが、トレスクエアのBCLマンスリーでした。
結果は残念な結果でした。精進します。





んでもう一つ。WBCフライ級タイトルマッチ。話になりませんでしたね。
次男はガード固めて距離を詰めて行くか、カウンターで左を合わせる
戦法だったんだろうけど、内藤の距離の取り方が一枚も二枚も上で
カウンターに関しては合わせ方がそんなに上手くない。そりゃ勝てないわ。
やっぱり次男は、まだ世界挑戦なんて早過ぎたということで。

しきりに金平会長も『まだ18歳だし』と言って若さのせい≠ノしてたみたい
だけど、最年少記録とか話題先行で挑戦させた親、ジムの責任もあるはず。
ピークを過ぎた様な外人とやって手に入れた世界ランク15位。
この肩書きにレベル、技術が達してない。何を焦ってるんだかじっくり
ステップアップさせてあげれば良いのに。


次男は世界は論外として、現状では東洋太平洋も国内タイトルすら獲れないんじゃないかと。
現・国内王者の吉田健司は、初防衛戦の時にホールディングやレスリング行為で
批判を喰らったみたいなんで、『大毅は一からや!』ってお父様がおっしゃってるので
是非是非、挑戦してもらいたい。


今後はどんな言い訳するか焦点はそこ。
 『まともに打ち合わんで逃げてばっかの腰抜けや!』
 『まともに打ちあとったら、KO勝ちやった!当たり前や!』
とアウトボクシング批判。長男はランダエダとの初防衛はアウトボクシング?

今後の展開としては、長男が『弟の敵討ちや!』って感じで挑戦して、
TBSが最後の一儲け。そこで負けてTBSも撤退。この流れを予想。。


ホントの予想というか希望は、新日本プロレスのG.B.Hと合流。
※G.B.H=グレート・バッシュ・ヒール。天山、真壁が中心の新日本プロレスのヒール軍団



亀田家の危険なアドバイスはこちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内藤大助・圧勝  浅く 広く 日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる