浅く 広く 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 豪州代表 御一行様 ベトナムへようこそ  

<<   作成日時 : 2007/07/18 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あの忌まわしい敗戦から約1年と1ヶ月。リベンジの時がきた。

2006年6月12日・・・

後半の38分まで1−0でリードしていて、そこから3点奪われての逆転負け。
思い出しても腹立ってきた。個人的にはオレ自身の気持ちも晴らしてくれる絶好の機会。
正直オーストラリアとは、もう少し上で戦うことになるかと思ってたけど、グループステージで
最終戦までは3位で下手すれば敗退の可能性もあったし、まぁよく勝ち上がってきてくれた
って感じかな。これはあの時の忌まわしき記憶を消すには格好の舞台になるはず。

それだけじゃない。やっぱりアジア杯で日本はディフェンディングチャンピオンだし、
オセアニアから移ってきた初出場のチームには負けるわけにはいかない。
アジアの意地ってのを見せてもらわないと。
それこそ、2007年7月21日は『絶対に負けられない戦い』

オーストラリアは今大会、1勝1敗1分で得点が6、失点が4。
一方日本代表は、2勝1分で得点が8、失点が3。
個人的な考えだといくつか日本代表に有利な条件があると思う。


(1)東南アジアの高温多湿の気候
  オーストラリアの不調というか、いまひとつ調子が上がってこないのはこれが原因と
  よく聞く。予選も中東系のチームとばっかりで東南アジアでやるのは初めてぐらい
  じゃないかな。欧州組が多いし、気候や環境の差が影響しているのは間違えない。
  日本もそんなに経験が多いわけじゃないけど、W杯予選とか予選とかそれぞれの
  オリンピック世代の時に経験をしているはず。

(2)日本代表は移動無し、オーストラリアはタイからベトナムへ
  ようこそベトナムへ。オーストラリアはタイから中4日で移動。気候は似ているかも
  しれないけど、環境が変わるというのはマイナスになるはず。ベトナムってのは、
  排気ガスとか衛生的にも結構な物を持ってるって言うし。そんな中で日本代表は
  今までやってきたわけだし、何はなくともグループステージから移動なく戦いに臨めて
  ホテルなんかの生活面での環境が変わらないのが良い。

(3)日本代表の監督がジーコではない
  完全に個人的な意見だけど、これが1番大きいかな。W杯の時とやっているサッカーが
  全然違う。これが1番大きいと思う。オシムのジェフ勢を多く使う起用法とかに異論を
  持っている人もいるけど、巻もベトナム相手だったけど2得点だし、前線からの守備が
  かなり中盤から下の守備を楽にしてるとオレは思う。(オレは巻・擁護派です)
  オーストラリアはW杯の時にコーチだったアーノルドが監督。W杯メンバーも多数いる
  みたいだし、ここはひとつ生まれ変わった日本代表≠ナリベンジを。
  

3つほど挙げてみたけど、簡単にいかないのが勝負の世界っていうのはわかってる。
オーストラリアはグループステージで戦った3つの国とは全く違うタイプで、どちらかというと
欧州スタイル。ベタ引きで守る事はないだろうし、前線からもチェックにくることも予想される。
そうすると今までの3試合みたいに、日本が自由にボールを回せないかもしれない。
でもそうなっても上手く自分達のリズムを作って、自分達のサッカーをやってもらいたい。

相手の攻撃でもカウンター一辺倒だけではないはず。パスをつないでくるだろうしテクニック
もある。相手がそう来たらこちらも組織的に上手く対応していってもらいたい。
あと怖いのはパワープレーでこられた時かな。W杯で3点取られた時もパワープレーに
切り替えてきた時だし、闘莉王がいないので、阿部にがんばってもらいたいけど、競り合いに
なったらこればっかりはどうする事も出来ない。そうなる前に個人個人が誰を見るのかはっきり
させて、運動量が落ちてきたら、今度こそ効果的な交代で自分達のペースを出来るだけ
落とさないように前線・中盤からしっかり守備をして対応するしかない。
マジで意味不明な選手交代だけは勘弁で。信じてます、オシム監督。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豪州代表 御一行様 ベトナムへようこそ   浅く 広く 日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる