浅く 広く 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モンスターペアレント 〜あきれるバカ親たち〜

<<   作成日時 : 2007/07/25 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近ニュースなどで聞く、モンスターペアレントという言葉。
直訳すると怪物的な親≠チて感じかな。
ようは学校に何かにつけて言いがかりをを付けてくる、非常識ともいえる親達のことらしい。

学校での親に関係する問題ってちょっと前だと、先生が体罰をしたというのが指導の一環
なのか、やり過ぎなのかで親が学校にクレームを付けるとか、最近だと給食費を払わない
親がいるなどが記憶に新しいかな。イニシアチブは完全に親にある。
昔なんて三者面談とか家庭訪問で親が先生に「家庭でもっとしっかり教育してください」
ぐらい言ってたと思うし(自分は言われた事無いけど)、なんか立場が逆転してる。

さらに最近、その他にももっとたくさんの問題があるという事を知って正直驚いた。
ちょっといろいろ調べてみたのでその例を。

 ・クラス替えの時に「うちの子はA君と仲が悪いから違うクラスにしてくれ」
 ・「卒業アルバムにうちの子の写真が少ないから、作り直せ」
 ・「組体操のピラミッドでなんでうちの子が1番上じゃないのか」
 ・「義務教育は無償だから、部活のユニホームは学校で洗濯してくれ」
 ・「いじめに遭う子を転校させるから、通学の交通費を出してくれ」
 ・「不登校の子がストーブを倒して壊した。学校に弁償して欲しい」
 ・「休んだ1週間分の給食費を返して欲しい」
 ・「家庭の用事があるから、学校の予定を変えてくれ」
 ・「子供から取上げた携帯電話代を、日割りで払え」
 ・「子供が怪我して休む間、怪我をさせた子供も休ませろ」
 ・「親代わりに、子供を起こして欲しい」
 ・離婚係争中の配偶者と子供が一緒に下校して、学校の責任を追求された


なんか学校でこういう親の対応に苦労している先生には悪いんだけど、ここまでくると
呆れるというかもう笑えてくる・・・。自分が小学生・中学生だった頃なんかでは全く
考えられない事だし、「ホントにあったの?嘘じゃないの?」って思っちゃう。

もう親としてどうなのっていうより、人としてなってない。こういう親が学校で1人でも
いればその対応に追われて学校運営や授業などに影響が出るようで、先生が抱える
ストレスはかなり深刻で、うつ病になる先生もいるらしい。

原因として考えられるのが、親たちが学校というものを、とりわけ義務教育というものを
サービス≠ニ勘違いしてるみたい。「学校なんだからやって当たり前」とでも思って
いるのか、だから上記のようなクレーム・無理難題を押し付けてくるのかな。

あとはこういうのを見ると最近の親は過保護すぎると感じる。それは自分の子供が
1番だろうし、大事にしてあげたいという気持ちはあって当然。でもそれがいき過ぎて
親が一般的な常識を見失っていたら話にならない。それとも最初から持ち合わせて
いないのか。どちらにしろ怒られると事を知らない、何があっても親が守ってくれると
思って育てられた子供が、何年後かに社会に出てきたら・・・・・考えただけで恐ろしい。


対策として先生たちは、もし損害賠償請求訴訟を起こされた時の為に保険に入るらしい。
いき過ぎの要求・クレームがさらに度を越せば、訴訟を起こしてくる親が出てくる可能性は
十分ありえそう。もう実際にあるのかな?今ってそんな時代なんだなぁ〜。なんか理不尽な
要求で訴えるなんて、アメリカの訴訟社会みたいにならないといいけど。

あとは学校に専門の弁護士を置くとか、定年で退職した元先生に学校に常駐してもらったり
あの手この手じゃないけど、学校も対策を取ってる。

でもこの保険とか弁護士とかって本質的な解決には繋がらない。まずはこの親をどうするか。
最近は家庭訪問って共働きが多いからなかなか出来ないって聞いたことあるし、親の顔が
わからないとか、先生の顔がわからないっていう場合もあるのかな?まぁそんな事は滅多に
ないか。でももう少し親と先生がコミュニケーションを取って、親がもっと先生のことを信頼して
先生ももっと子供やその家庭のことを理解しようとする事が大事なんじゃないかな。お互いが
歩み寄ることがこの問題の解決に1番近い気がする。

もう一つは最近、親学というのがある。子供を育てていく上で自分も更に成長して、子供に
とって親とはどうあるべきかと学ぶもの。学校で学ぶものも多いけど、子供を育てる上で
一番責任があって一番子供が信頼してるのは親なわけだから、もっと親が子供を育てる
ことに責任を持つことが最も大事なのかと、独身で最近ツレと別れて結婚も子供も遠のいた自分は思う
次第であります、ハイ。今の親たちを反面教師に、立派な親になってやるぞぉ、ロンドン五輪までには。。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンスターペアレント 〜あきれるバカ親たち〜 浅く 広く 日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる