浅く 広く 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS プロレス回想記@ 〜ジャンボ鶴田最強〜

<<   作成日時 : 2007/02/21 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、自分の中でプロレスブームが再び来ている。第三次プロレスブームって感じかな。

第一次は、小学校から中学校の頃。新日本プロレス全日本プロレスを見ていた。
っていうかこの頃はこの2つぐらいしかなかった。

第二次は、大学生の頃。ノア設立、全日と新日の対決に盛り上がった。


第一次ブームで特に好きだったのが全日ジャンボ鶴田ジャンボ軍≠ニ若き頃の
三沢率いる超世代軍≠フ対決が見ていて本当に楽しかったし憧れた。
当時全日のエースだったジャンボ鶴田に若い三沢を始め、川田・小橋・菊池が挑んでいく
形が好きだった。その時のジャンボの強さは本当に凄かった。ジュニアの菊池は特に
やられまくって、『菊池が死んだらジャンボのせいだ』とまで言われていた。
外国人レスラーにも引けを取らない体格で、技の一つ一つがダイナミック。バックドロップ、
ジャンピング二ー、ラリアットどれをとっても豪快で小学生、中学生には刺激的だった。
ルー・テーズ直伝のへそで投げるバックドロップは急角度さと言ったら、半端じゃな
かった。今でも『最強のプロレスラーはジャンボ鶴田』だと思っている。

そのジャンボがB型肝炎で第一線から退いた後は、そのジャンボに挑み続けて成長していった
三沢・川田・田上・小橋を中心にした四天王時代。これも凄かった。そこまでするか??って
いうぐらい高角度のスープレックス系はエグかった。高角度バックドロップはもちろん、
投げっぱなしのジャーマン・タイガースープレックス・ハーフネルソン・コブラクラッチ・・・
マジで死んじゃうんじゃないかと思って見ていた覚えがある。この頃が1番好きだったかな。
最近この頃の試合が、You Tubedeで見れるのがありがたい。


新日の方はあんまり覚えていないけど、確かIWGPの猪木VSホーガンあたりから見始めたと
思う。その後、武藤・橋本・蝶野の闘魂三銃士とか平成維震軍ぐらいは好きだった。
維震軍=悪、本体=正義って感じのイメージで、その抗争は面白かった。
でもあんまり記憶にない。全日に比べると新日には華やかさはあったけど、上記の全日の
ようなエグイ技、記憶に残るような技がなかったような気がする
まぁ、ストロングスタイル≠チていうテーマのもと、異種格闘技戦とかやっていたけど
当時、それがあんまり好きではなかったから全日派だったのかもしれない。


これが小学校、中学校時代のプロレスの思い出。高校に入ってプロレスの話をする相手が
いなくなって、3年間強プロレスをほとんど見なくなる。
それで大学時代の第二次ブームに続く。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロレス回想記@ 〜ジャンボ鶴田最強〜 浅く 広く 日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる