浅く 広く 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 事故に遭遇・・高齢者の運転について

<<   作成日時 : 2006/11/19 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この間車で千葉市中央区と緑区の境辺りになるのかな?(地図参照)そこの片側2車線ずつの
道路を走っていると道路中央の縁石に乗り上げている車が前方に見えた!
ちょうど信号のところで、その信号で止まったんで見てみるとしかも中にはまだ人が乗ってる!
ドライバーはかなりの老人!左折しようとして乗り上げた感じで 他の車とぶつかったとか人を撥ねたとかじゃなくて自爆した様子だった。
信号待ってる間も降りようとしないし携帯電話も持ってる様子は無い。結構車の通りが多いので
このままでは危ないと思い同乗者と話して救助する事に。車を近くに止めて現場に行ってみると
もう1人のおじさんが同じ事を思ったらしくジャッキを持ってきていた。
とりあえずドライバーの老人を歩道の方に非難させたんだけど これがまたヨボヨボ・・・
生まれたての小鹿みたいなで 運転しちゃまずいだろうって10人中10人が思う感じだった。

非難させた後は車の救出。話し合った結果ジャッキアップするよりちょっと持ち上げて縁石の
上にタイヤを乗せちゃえばバックで脱出できそうだったので持ち上げる事に。
でも案外車って重い!30センチ40センチ上げればいいんだけど なかなか上がらない・・・
そこに救世主・白バイ登場!『4人なら上がる』って思ったんだけ1人は中に乗ってハンドルを
切らなきゃいけない事に気付き 1人が乗ってまた3人であげる事に。ただでさえ上がんな
かったのに大人1人乗せて上がるわけが無い・・・
そこで2人目の救世主登場!たまたま通りかかったパトカーが止まって来てくれた。
4人揃えば楽勝だった。縁石の上にタイヤを乗せてバックで救出完了!

道路脇に車を止めて老人のところへ。そこで老人に簡単な事情聴取をしたんだけど
これがまた完全なイヌのお巡りさん¥態。
『名前を聞いてもわからない』
『お家を聞いてもわからない』

どうやら認知症らしい。どこに向かってたのかもわからずにTELもわからない。
さすがに運転させるわけにはいかないという事で警察で家まで送り届ける事に。

これでオレらはお役御免だったんだけど 高齢者の運転は改めて危ないと思った。
よくニュースで見るのが高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて事故とか目にする。
今回は誰も怪我人が無くて良かったけど一歩間違えれば人を撥ねたり他の車を巻き込んで
いたかもしれない。
こういう事故に遭遇して思ったのは 高齢者〜歳以上は毎年免許を更新するとか
運転の技術・判断力を検査するようにした方がいいと思った。
誰かが犠牲になってからじゃ遅すぎる。。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高齢者のレクリエーションは生活の中にも取り入れましょう。
高齢者のためのレクリエーションは生活の中にも取り入れていくことは可能です。各家庭の高齢者の方にピッタリ合った方法を探すためにも情報ナビを活用していってください。 ...続きを見る
高齢者 レクリエーション 情報ナビ
2006/11/19 19:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事故に遭遇・・高齢者の運転について 浅く 広く 日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる